ボランティア考、NPO考

4月23日の土曜日、仙台に行ってきました。目的はボランティア。妻が調べたところ、あるNPOの後方業務をサポートするボランティアがありました。妻と妻の友人の3人で、日帰りボランティアです。

そのNPOは、避難所で炊き出しを行ったり、子供向けのイベントを企画・実行して、被災地の子供たちを元気づけることに取り組んでいます。NPOの代表を含め、スタッフは最前線で活動し、多くの方々に喜ばれていることが、写真から読み取れます。

しかし、NPOの中心となる人たちは実戦部隊であり、後方業務がどうしても後回しになっている印象です。私たちがやった仕事は、おもにパソコンを使った作業でしたが、NPOの中心メンバーは、こういったことを落ち着いてやっている暇がないのだろうと感じました。ITリテラシーの面でも、頼りない印象でした。

ただ、パソコンを使う作業といっても、それぞれ得意分野があります。会社の仕事でいえば、人事、経理、広報、企画など、部門によって求められるスキルが違うのと同様です。今回は、たまたま私たち3人のスキルと、先方が求めていることが一致したため、何とか成果を残すことができましたが、この一致がなければ、時間が無為に過ぎることになりかねませんでした。

限られた事例で判断するのは危険とは思いますが、各地のNPOの後方支援を、アウトソーシングで請け負うNPOが、東京や大阪といった都市圏にあれば、それはそれで意義があることのように思いました。今後、もう少しいろいろと考えたいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

徒歩帰宅の記録(1)

3月11日に発生した東日本の大地震。被災の全容はいまだわかりませんが、その被害の大きさに呆然とするだけです。現時点で私にできることは、携帯電話やインターネットの回線に過度の負担をかけないことと、エアコンを切るなどの節電、祈ること、ぐらいしかないと考えると、一個人の無力さを思い知らされます。

大地震に関連する大多数の情報の発信・記録はマスコミ等におまかせするとして、後日のための記録として、私が残せることは、徒歩で帰宅したことの体験談かと思います。私が勤務するオフィスは市ヶ谷、自宅は品川区の旗の台。ドライブルート検索のサイトで調べたところ、12~13キロメートルの距離でした。

揺れの大きさ、余震が続いていることから、電車での帰宅はまず無理だろうと、16時ぐらいには同僚と話をしていました。さらに、窓から見える道路の渋滞状況を見るにつけ、タクシーやバスでの帰宅も現実的ではないと考えたのが17時頃。17時半には、自宅の方向が同じ同僚とともに、徒歩で帰宅すべく、会社を出ました。

妻の勤務先が溜池山王にあるため、そこで合流しようと、連絡をとりあいます。携帯電話は通話もメールも使えない状況だったのですが、インターネットプロバイダーのWebメールはなんとか使えたので、これで妻の会社のPCにメールを送り、待ち合わせの時間や場所を決めました。ほぼリアルタイムで、送受信できていたようです。

妻と合流するのに少し時間がかかりました。溜池山王付近に到着したのが19時過ぎ。合流後、溜池山王を出たのが19時半だったと思います。溜池山王までの道のりは、幹線道路沿いというわけではなかったのですが、携帯電話の地図アプリ・Googleマップが役に立ちました。GPSで位置確認ができるのは、非常に安心感があります。また、プルデンシャル生命のビルが、目印として役立ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お台場のガンダム

なおぼんさんのブログに触発されて、お台場に行ってきました。お目当ては、こいつです。
          ↓
Picture80


とりあえず、デカイです。後ろ姿の写真だと、さらにデカサが実感できます。ただ、携帯電話で撮った写真なので、画像は粗いです。お許しを。


Picture81


等身大ガンダムという謳い文句ですが、そもそもガンダムはアニメです。等身大も何もないのですが、それは置いておきましょう。

クルマから見えるかな、などと思っていましたが、全然甘かったです。樹木に囲われた潮風公園のなかにあるため、駐車場にクルマをとめて、歩いていきましょう。ただし、休日のお台場は檄コミであることは、お覚悟を。

この等身大ガンダムですが、何かの環境プロジェクトのシンボルらしいのですが、現場にはそんな雰囲気がまったくありません。誰が、何のためにやってるイベントなの??

でも、まあ、一見の価値はあると思います。あくまでも、休日にやることがないとき限定ですがcoldsweats01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

自分へのご褒美って、なにさ?

「自分へのご褒美」という言葉をよく聞く。多くの場合、女性から発せられる言葉である。なにか高価な買い物をする際に、「頑張った自分へのご褒美に、このバッグ買っちゃうheart04」という具合にだ。

ちなみに、私にはまったく理解できない思考プロセスである。欲しければ、素直に買えばよいではないか。わざわざ、「自分へのご褒美」などと、言い訳をする必要はない。自分で稼いだお金ならば、欲しいものは誰に遠慮せずとも買えばよい。ただ気をつけるべきは、自分の収入に見合う買い物かどうか、だけである。

私の身近にいる女性との、ある日の会話。

彼女「『自分へのご褒美』って、したことがないの?」
KIN「ない。ただ、『欲しいから買う』だけ。そういうのって、女性の発想だと思う」
彼女「そうかなあ? 男性でもそういう考え方する人いると思うけど」
KIN「いたとしても、超少数派に違いない」
彼女「えーっ、そんなことないよ!」

ちなみに彼女は、「男性も自分にご褒美をする」という仮説のもと、ある商品のマーケティングができないかと、思案しているらしい。そこでお願いです。

問い:男性陣も「自分にご褒美」しますか?

男女問わず、ご意見をたまわれれば幸いです。ちなみに、コメント欄はメールアドレスを入力しても、表示はされませんからご安心ください。メールで教えていただいても、嬉しいです。

では、よろしくお願いしますm(_ _)m

| | コメント (10) | トラックバック (0)

空中ダイバー?

Picture78

先日の日曜日、銀座ソニービルでのできごと。ん? なんで、空に人が??

Picture79

よく見ると、ダイバーです。ダイバーが水中で交わすサインを、空中でも交わしています。ちなみに、上にいる女性の服は、なにやらスーツっぽいです。いったい、どういうとりあわせやねん!

と、おとぼけとツッコミはこのぐらいにして、解説させていただきます。沖縄本島と石垣島に、新しいリゾートホテルがオープンするとのこと。そのキャンペーンとして、銀座のど真ん中で、くだんの空中パフォーマンスがあったというわけです。

10分足らずのパフォーマンスでしたが、そこはそれ、銀座ソニービルの高さですから、素人にできるものじゃありません。テレビの報道番組でも、紹介されてたみたいですね。

でっ、オープンするホテルが下のリンクの2つ。これらのホテルに泊まるかどうかはともかく、石垣島の海に潜ってみたいです(ダイバー歴7年だけど……)。

http://www.anamanza.co.jp/
http://www.anaisg.com/isg/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

採用面接

採用面接――といっても、転職するわけではありませんcoldsweats01 生まれてはじめて、面接される側から、面接する側になってしまいました。

おかげさまで、勤め先が人手不足になる程度に売上が増えているので、数人の人員増を考えています。とはいえ、正社員をいきなり雇うのは、雇用する側も、雇用される側もリスクがあるので、アルバイトからはじめてもらって、ゆくゆくは正社員になってもらうという、プロセスを踏むことにしています。幸い、そういう目的でつくられた求人サイトがあるので、こちらに求人広告を出しました。

正直、何人ぐらい応募があるのか?、採用したいと思う人が応募してくるのか?、などなど、少なからず不安があったのですが、応募人数も応募者の素養も、こちらの期待以上のものでした。逆にいえば、就職氷河期が長らく続いたため、20代後半から30代に、能力がありながら、定職をもたない人が数多くいるのかもしれません。採用活動を通じて、私自身、いろいろと考えさせられました。

幸い、こちらの希望にかなう人を、予定どおり採用できました。でも、それに至る労力とストレスは、想像以上でした。面接をして、いろいろと話をするのは、そうそう楽なことではありません。面接をすっぽかす奴もいましたし、「この人は採用したいなあ」と思う人が、翌日に「他の会社に行くことにしたので、辞退します」と連絡してきたこともありました。

大企業で採用を担当されているみなさんの、ご苦労の一端をかいま見た気がします。私がその立場になったら、ストレスで確実に内臓を壊しますshock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

か、、冠水(-_-;

金曜日はひさびさに会う友人などと、赤坂で飲み食い。さあ帰ろうかという時間には、強烈な雨が降っていましたrain

短時間で雨があがることを期待しましたが、自宅最寄りの東急・宮前平駅に着いた頃には、さらに激しい雷雨thunder タクシーには長蛇の行列なので、歩いて家路に向かったのですが、いたるところで道路が冠水していて、あっという間に靴とズボンはビショビショ。

極めつけは、マンションの前の道が膝小僧あたりまで冠水していたことで、「おいおい、大丈夫かよ」と自問しながら、マンションにたどり着く始末でした。

ちなみに、30分ほど経った頃に、外の様子を見てみると、雨がこぶりになっていて、冠水していた場所の水も引いていましたcoldsweats02

どういうことよ?shock

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ごぶさたです

前回の記事から、2ヶ月もあいてしまいましたcoldsweats01 いや、ホント、マジで忙しかったのです。仕事では、6月末からつい先日まで、毎週のように納期があって、それをきわどくクリアしている状態でした。もっとも、仕事量が減れば減ったで、ちょっと不安になるのが小規模企業の悲哀でありますが……coldsweats02

3月から会社勤めに復帰しましたが、通勤に片道40~45分程度かかるため、その間を利用してコンスタントに本を読めるようになりました。ここしばらくは、本の購入は控えて、積ん読状態の本をどんどん片づけています。最近のお気に入りは、下のリンクにある「八州廻り桑山十兵衛」シリーズかな。

そういえば、北京オリンピックがはじまっていました。前回のアテネは、フリーランスの特権を活かして、ずいぶんテレビ中継を観ましたが、今年はそうはいきませんなあ。もっとも、今回のオリンピックは政治色が濃すぎて、いまいち純粋に楽しめません。ちょうど、よかったかもbleah


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロエの効用はいかに?

体に変調(特に内臓系)が出てくると、くちびるの下あたりに吹き出物が出るクセがあります。自分なりに、これは体が変調を訴えるサインと思って付き合ってきたのですが、先日はかなりこれが目立っていたようです。

Picture72_2

うちの社長が、「アロエの葉の内側を貼るといいよ」と、心配顔で勧めてくれました。「では、週末に鉢植えでも買いに行くか」と思っていたら、翌日社長が、自宅のアロエの葉を切り取って、持ってきてくれました。お心遣いにとても感謝しつつ、少々恐縮しておりますcoldsweats01

さっそく、写真のように貼り付けて、様子を見ています。はてさて、その効用はいかに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日

過ぐる6月5日は、私の誕生日でした。まあ、今年42歳のオッサンの誕生日なぞ、めでたくも何ともないので、それはおまけの話。

実は同じ日に、友人夫婦のご子息が誕生したと、夫の方から連絡をもらいました。奥さんの方も、古い友人なので、わがことのように嬉しく思っています。まあ、彼らにしてみれば、「KINと同じ誕生日かよ! びみょお~coldsweats01 」ってとこかもしれませんがsmile

ちなみに6月5日に生まれた有名人は、アダム・スミスやケインズといった著名な経済学者がいる一方、ガッツ石松さんや柳本全日本女子バレー監督といったスポーツ選手がちらほら。マニアックなところでは、仮面ライダーシリーズでスーツアクターを務めていた中屋敷鉄也さんも同じ誕生日と、さっき調べてて初めて知りました。

なにはともあれ、ユウヤ君が健やかに育つことを、心からお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧