携帯電話の電池パック交換

携帯電話のパッテリーがかなり劣化。せいぜい1日しかもちません。さて、どうしようかと考えていたら、無料で電池パックをもらえるサービスがあることを発見!

さっそく、ドコモショップで申し込むと、在庫があったのでその場で受け取り。これで、現行機種をあと2年ぐらいは使えそうです。

さて、それと軌を一にするようにして、自宅の固定電話の子機も、バッテリーが劣化して使い物にならなくなりました。検索してみると、ちゃんと換えのバッテリーがあるんですね。こちらも、さっそくオーダーしました。

大事に長く使おうデジタル機器、の巻でした。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタル物欲記録(その1)

Picture33


買った当時は衝撃的な一品だったんですけどねえ。確か2000年発売のソニーサイバーショットP1。この頃はP1をはじめとする300万画素が、画素数の最高スペックでした。いまやコンパクト型デジタルカメラには必須の性能となった、手ぶれ補正機能はなし。でも、別売りのハウジングに入れれば、海(ダイビング)にも山(スキー)連れて行けるタフな奴です。

約7年使ったから、そろそろ現役引退していただこうと思い、あれこれと物色……することもなく、4月12日に発売されたばかりの、ニコンクールピクスL12を購入。一眼レフはニコンF80を使っていることもあり、「やっぱりカメラはニコンだな」という頑固オヤジ的な発想でチョイスしました(苦笑)


Picture32


こいつの魅力的なところは、2万円台半ばと価格が手頃なところ。それと、電源は単三電池2本なので、電池切れに対する不安がほとんどありません(容易に調達できる)。もちろん、手ぶれ補正などひととおりの機能も付いています。単三電池が入る分、ボディはそこそこ分厚いのですが、P1よりははるかに小さい。むしろこれより小さいと、僕個人はカメラが構えづらいですね。

まあ本当のところは、デジタル一眼レフが欲しかったんですけどね。とりあえず、コンパクト型で我慢、我慢(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

FOMAとPCの連携

FOMAに変えて便利になったことが、パソコンとの連携です。USBケーブルで手軽に接続できるのが便利。それと、端末メーカーが提供する無料のデータリンクソフトを使えば、電話帳やスケジュールなどのデータをやり取りできます。入力が面倒だったので、前の機種ではスケジュール機能を全然使っていなかったのですが、今はパソコンでスケジュールを入力し、そのデータを携帯に転送して活用しています。

picture19それと壁紙ですね。パソコンに保存してある画像を、携帯の画面サイズに合うように編集し、データを転送すればOK。ちなみに、この写真でご紹介している壁紙は、僕が江之浦で撮影してきたカクレクマノミ(ニモ!)の写真です。携帯に付属のカメラで撮った写真だけでなく、他のデジカメや一眼レフで撮影した写真も、手軽に携帯の壁紙にできるわけです。

もっとも、普段は別の写真を壁紙にしていますけど……(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FOMAに乗り換え

NTTドコモが新料金体系を11月より導入するとのこと。ぴったり料金診断とやらでシミュレーションをすると、パケット通信が多い僕の場合は、FOMAのほうがお得なようです。それに、大阪の実家でネットに接続することを考えると、そろそろムーバからFOMAに切り換えどきかと考えました。

Edyカードによって、おさいふケータイ機能は必要なくなったので、FOMA700シリーズをチョイスしました。701も出ているようですが、旧モデルの700で機能的にはお腹いっぱいですね。

1995年に携帯電話を初めて買って以来、いつも最新モデルを入手してきたのですが、もう十分です。きっと、歳をとったのでしょう(笑) 使い慣れたNを選んだのも、新しい操作方法を覚えるのが大変になってきたからです。というわけで、下の写真のN700iを買いました。

ただし、見た目にはちょっとこだわり、着せ替えカバーは標準添付のものではなく、写真の"KABUKI"を別途購入。かなり気に入っています。


picture16picture17

| | コメント (5) | トラックバック (0)