シーズン3が始まった!

毎度楽しみにしているサラリーマンNEOの、シーズン3の放送tvが4月から始まりました。実は録画はしつつも、今日まで見そびれていたため、ようやく第1回を観たところです。

お気に入りの「NEOエクスプレス」のコーナーが、パワーアップしているのが嬉しい。報道男(むくいみちお)とS系アナウンサー中山ネオミのやり取りがおもしろいこのコーナーに、超プライドの高い女子アナ・吉川アレクサンドリーネ(愛称ヨッシー)が新キャラクターとして登場。このヨッシーと中山ネオミの間に飛び散る火花が、新たな緊張感、いえいえ笑いを創造しています。

他の定番コーナーにも新しい工夫が見られますし、新コーナーも期待できそうです。さっ、残りの録画も観ちゃおっとsmile


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ザ・自民党の選挙

今回は映画と本の紹介です。DVDのパッケージに「ベルリン国際映画祭で大絶賛」と書かれている「選挙 CAMPAIGN」は、2005年の川崎市議会議員の補欠選挙に立候補した山内和彦氏の動向を、ナレーションや字幕を一切入れず、淡々と追いかけたドキュメンタリー映画です。

そして「自民党で選挙と議員をやりました」と題された本は、その山内氏自身が、選挙に立候補した経緯や、選挙戦中の体験談をまとめたものです。

この補欠選挙は、私が住んでいる宮前選挙区(川崎市宮前区)が舞台となっており、見覚えのある風景が頻繁に映画に出てきます。残念ながら、私が引っ越してくる前のことであったため、選挙戦の風景を直接は見ていません。2005年の郵政選挙の直後に行われた選挙でした。

この山内氏ですが、政治経験はゼロ。自民党の公募によって候補者となり、東京都から引っ越してきた落下傘候補です。東京大学卒業、若さ(選挙戦当時40歳)、人当たりの良さ以外、目立った特徴はなし。仮にこの人が、無所属で選挙に出ても、当選することはなかったでしょう。

でも、山内氏は自民党公認候補です。特にこの選挙は補欠選挙であったため、自民党と民主党が1議席を巡って争う構図となり、政党対政党の色彩が強い選挙でした。自民党は組織をあげて彼をバックアップし、当選に導きました。

いや、バックアップではないですね。自民党がかつぐみこしに、たまたま山内氏が乗っかっていただけといえるでしょう。選挙戦の間、山内氏は自分自身の判断で動くことはほとんどなく、ただただ周囲の指示にしたがって声を出し、走り回るだけでした。その様子が、この映画や本から伝わってきます。

新聞やテレビが選挙戦を描写するとき、よく「組織をあげた選挙」とか「組織を固める選挙」と表現しますが、その実態を知る人は少ないでしょう。かくいう私も、この映画と本を通じて初めて知りました。これが、「ザ・自民党の選挙」なんだとわかります。

この山内氏を見ていると、どうしても郵政選挙で大量に生まれた小泉チルドレンが重なります。たぶん彼ら・彼女らも、山内氏と同じように自民党のみこしに乗り、あれよあれよで当選しちゃったんでしょう。

今年は解散・総選挙があるといわれています。その前に、この映画を見て本を読んでおけば、選挙を見る目が変わると思いますよ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガリレオ最終回――ううん、ちょっと残念

フジテレビ月9の「ガリレオ」。毎週楽しみに観ていましたが、17日の放送が最終回。原作の良さが活かされ、福山雅治演じる湯川学、柴咲コウ演じる内海薫は、それぞれキャラが立っていて抜群におもしろい。

でも、ちょっと残念なのは最終回。毎回、犯人や被害者を演じる相手役が、好演していたのがこのドラマの良さだったのに、最後は久米宏。やっぱり彼は俳優ではありません。セリフのひとつひとつが、明らかに素人なんです。いや、ホント、プロの俳優と、そうでない人との違いが、これほどわかることも珍しいぐらい。

それさえ除けば、大満足のドラマ。ちなみに、原作の「探偵ガリレオ」「予知夢」もおもしろいです。それから、ドラマのエンディングテーマ曲もお気に入り。来年は「容疑者Xの献身」で映画化されるとの噂もありますね。楽しみです。


   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SONGS

NHKの音楽番組「SONGS」はご存じでしょうか? 30分番組ながら、特定のアーチストの演奏がじっくり見られるので、気になるアーチストが登場する日は見逃せません。

12月12日の放送はゴダイゴ。ガンダーラがヒットしたのは、私が小学生のとき。それから約30年が経過しており、メンバーのみなさんも年輪を重ねたお姿をしていました。でも、演奏は最高です。かぶりつきで視聴したあと、下記リンクのCDをアマゾンで注文するまで、10分かからず……(^^;

それにしても、ゴダイゴを紹介するために、ザ・ベストテン(TBS)や西遊記(日本テレビ)の映像まで流れたのは、ちょっと驚きでした。孫悟空=堺正章の西遊記は、また観てみたいドラマですねえ。さすがに、こっちの注文は見送りましたけど。


   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

椿三十郎

※この記事は現在上映中の映画「椿三十郎」について書かれています。ネタバレにならないように配慮していますが、ストーリー等にまったく触れないわけにはいかないので、その点はご留意ください。


観てきましたよ、映画「椿三十郎」を。ご存じ黒澤映画のリメイクですが、私はかなり楽しめました。そもそも黒澤版「椿三十郎」が、昔の映画とは思えないぐらいテンポが速く、ぐいぐい引き込まれる作品です。今回のリメイクは、そのストーリーを概ね踏襲しているため、白黒であった黒澤版の、カラー映像を観ているような気分にさせられます。

この手のリメイク版は、配役に対して「オリジナルの○○の方がよかった」という批判がつきものですが、私は織田裕二の椿三十郎は当たりだと思いました。椿三十郎の持つ豪胆さとユーモアを表現できる俳優は、現役のなかでは彼が一番じゃないでしょうか。

黒澤版と同じストーリーながら、最後の最後まで気が抜けません。何しろ黒澤版は、映画史に残るラストシーンで締めくくられています。ここでオリジナルを踏襲したのか、それとも新しい解釈のラストシーンを撮ったのか? これを観るために、映画館に足を運んでも損はないと思います。

さあ、次は「ALWAYS」を観にいくぞ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪談

映画館で映画を見るのは、年に片手で数えるほど。でも表題の「怪談」は、尾上菊之助丈と黒木瞳さん、さらに麻生久美子さんと、好きな役者さんが揃っているので、何としても大スクリーンで見たかった作品です。

怪談とうたっているので、当然怖いシーンがあるのですが、それも含めて映像の美しさに目を引かれました。また、江戸時代の情景・風俗を的確に表現しているとも思いました。大都会の江戸と、田舎町の羽生村(現在の茨城県常総市)も、しっかり描き分けられています。

ひさしぶりにパンフレットを買って帰りました。DVDが出るのも楽しみです。ちなみに、原作は下記リンクの「真景累ヶ淵(しんけいかさねがふち)」という落語。これから読みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サラリーマンNEO

「えっ、これがNHK?」と言わずにいられないコント番組「サラリーマンNEO」のシーズン1が昨年末に終了したのですが、シーズン2が4月から放送されるとのこと。

かなり嬉しいです。あまりにも嬉しすぎて、既発のDVDボックスふたつを購入し、3月発売のDVDボックスを予約しちゃいました。4月からの放送は全部録画するぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幻魔大戦

昨年暮れにNHK-BSで放送されていたアニメ映画。1983年公開の角川映画ということで、当時は繰り返しテレビCMが流されていました。僕と同世代であれば、印象的な主題歌が記憶にある方も多いのでは?

公開時に映画館で観たときは、「何じゃこりゃ?」「小難しい」という印象でしたが、今観ると秀逸な物語だったと感じます。良い映画です。主人公が超能力戦士として目覚め、その能力をもてあまし、人間や動物に対する愛の尊さを知って、大敵と戦うエネルギーを得る過程は説得力があります。

当時はアニメブームでしたが、機動戦士ガンダムや宇宙戦艦ヤマトに代表されるようなメカニック物が全盛。ロボットも宇宙船もほとんど登場しない幻魔大戦は、当時としてはやはり分が悪かったと思います。むしろ不安が世間を覆う現代こそ、支持される要素が多いような気がします。

蛇足ながら声優陣が豪華でした。ヒーローとヒロインを演じるのは、古谷徹さん(星飛雄馬、アムロ)と小山茉美さん(アラレちゃん)で、当時は夫婦だったはず。原田知世さん、江守徹さん、美輪明宏さんといった芸能界の重鎮も、声優として好演しています。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

バジリスク―甲賀忍法帖―

いま観ているDVDです。好きな本のリストに入っている、山田風太郎「甲賀忍法帖」のアニメ作品です。文字だけでは限界のある描写も、最高のクオリティのアニメーションで表現しています。新しいエピソードも加えられていますが、あくまでも原作を補完するもの。原作に対するリスペクトを感じます。

全12巻ですが、1巻当たり2話で約45分。だから一気に2、3巻観ることができます。というか止まらないです。これから第9巻を観ま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひまわり

元日本兵の上野石之助さんが63年ぶりに帰国というニュースを見て、思い出したのが下記リンクの映画「ひまわり」。上野さんは終戦後もなぜか日本に戻らず、ウクライナで奥さんと子供3人の5人で暮らしていたとのこと。記者会見で理由を問われた上野さんは、「運命です」とだけ答えて、多くは語ろうとしませんでした。ご本人にしかわからない、多くの苦難があったんでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧