« 2011年3月 | トップページ

ボランティア考、NPO考

4月23日の土曜日、仙台に行ってきました。目的はボランティア。妻が調べたところ、あるNPOの後方業務をサポートするボランティアがありました。妻と妻の友人の3人で、日帰りボランティアです。

そのNPOは、避難所で炊き出しを行ったり、子供向けのイベントを企画・実行して、被災地の子供たちを元気づけることに取り組んでいます。NPOの代表を含め、スタッフは最前線で活動し、多くの方々に喜ばれていることが、写真から読み取れます。

しかし、NPOの中心となる人たちは実戦部隊であり、後方業務がどうしても後回しになっている印象です。私たちがやった仕事は、おもにパソコンを使った作業でしたが、NPOの中心メンバーは、こういったことを落ち着いてやっている暇がないのだろうと感じました。ITリテラシーの面でも、頼りない印象でした。

ただ、パソコンを使う作業といっても、それぞれ得意分野があります。会社の仕事でいえば、人事、経理、広報、企画など、部門によって求められるスキルが違うのと同様です。今回は、たまたま私たち3人のスキルと、先方が求めていることが一致したため、何とか成果を残すことができましたが、この一致がなければ、時間が無為に過ぎることになりかねませんでした。

限られた事例で判断するのは危険とは思いますが、各地のNPOの後方支援を、アウトソーシングで請け負うNPOが、東京や大阪といった都市圏にあれば、それはそれで意義があることのように思いました。今後、もう少しいろいろと考えたいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ