« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

派遣というシステムを目の敵にするのはいかがなものか?

不況色が強くなってきたためか、メーカーの「派遣切り」に対し、批判的な報道や政治家の言動が目立ちますね。

まあ、メーカーの経営陣の本音は、「昨今のような急激な生産調整の局面に備えて、派遣や期間工を工場のラインに入れていたんだよ。それが経営判断。何か文句あるのか!?」ってことでしょうけど、反発を買わないように静かにしていると推察します。

実際、メーカーの言い分はそのとおりだと思います。もしも、国内工場では正規雇用以外は認められない、なんてことになれば、工場そのものが海外に出ていくだけですよ。

1990年代にワークシェアリングという言葉をよく聞きました。1人当たりの賃金は減らしても、限られた仕事を分けて雇用を維持しましょう、という仕組みです。昨今の製造現場は、それが実現していたんでしょう。ただ、仕事の量が急激に減っているため、分け前に預かれる人の数が減ってしまったのです。

仮に、人数を減らさなければ、仕事そのものがなくなってしまう。大企業の破綻(山一證券の自主廃業)を身をもって経験した私からすれば、「仕事(会社)をゼロにするわけにはいかんでしょ?」と思うわけです。

ところで、派遣切りに批判的な報道をするマスコミの皆様。そちら様では、職場における派遣切りや、下請けの制作会社切り、なんてことは、なさっていませんよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士には海がよく似合う

会社をサボってちゃんと休んで、日曜、月曜と西伊豆の温泉に行ってきました。日曜はあいにくの雨でしたが、翌日は見事な晴れ。旅館から見える富士山が、あまりにもきれいだったので、写真をアップします。

Picture74_3

海の上に浮かんでいるような富士山。良いものを見させていただきました。惜しむらくは、下の電柱と電線が、ホントじゃまなんだけどcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »