« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

不可解な政治家たち――宮崎

在任5日で国土交通大臣を辞めた中山衆院議員が政界引退を表明したらしい。日教組を痛烈に批判した発言を撤回しなかったのは、引退を覚悟していたため、と思わざるをえない。

発言の内容を批判する気はない。政治家本人が信念をもって発言したのであれば、それはそれでいいと思う。気に入らないのは、「引退するから、あとは野となれ山となれ」みたいな感じで発言したと思われることだ。信念であるならば、引退前にきちんと発言し、有権者からの理解を得て、実際の政治に反映させるべきである。それが、政治家の仕事でしょ。

話は変わるが、中山議員が引退したあとの宮崎1区に、東国原宮崎県知事が立候補するという話があり、本人もまんざらではないという報道がある。「ホンマかいな?」と思ったが、映像で見る知事の発言や表情を見ると、あながち的外れな報道でないことが感じられる。

宮崎県民は、それで納得するんでしょうか? 彼に1票を投じた有権者は、せめて任期いっぱい務めて欲しいと思っているのではないかと、推察するのですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »