« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

政治感覚

「政治感覚」という言葉はなかなか定義が難しいものです。それが使用される場面によって定義は変わると思いますが、選挙の直後であれば、「有権者の意向を敏感に感じ取る能力」とするのが妥当でしょう。

参議院議員選挙における歴史的大敗という洗礼を受けても、安倍首相は早々に続投を表明しました。正直言って、政治感覚を疑います。もっとも、年金問題も、事務所費問題も、閣僚の失言問題も、政治感覚の欠如から来る対応の遅れが、問題を大きくしたといえます。今回の続投宣言も、その延長と考えれば妙に納得できます。

それにしても、選挙に大敗した総裁をクビにできないほど、自民党は総理・総裁になりうる人材が枯渇しているのでしょうか? 森喜朗元首相が内閣支持率の低下で退陣したのが2001年。そこに彗星のごとく現れたのが小泉元首相。

2007年に第2のコイズミの出番はあるのかどうか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

週末は選挙へ

次の日曜日は参議院議員選挙の投票日ですね。みなさん、選挙へ行きましょう。当日行かれない方は、期日前投票を済ませましょう。

大切な権利を行使してこそ、政治に対して文句も言えるのです。住民税の増税に「ふざけるな!」と言えるのも、投票権を行使してこそできることだと、私は考えています。

東京選挙区の元女子アナ候補は、転入届が未提出で過去3年は投票をしていないそうですが、あきれて物が言えません。住民税は源泉徴収されていたと言い訳をしていますが、「じゃあどこの自治体に払ってたの?」とお尋ねしたいですね。消えた年金ならぬ、消えた住民税ですよ。

余談はともかく、みなさん、週末は選挙に行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブ

Picture40

いやあ、恥ずかしながら人前で演奏してしまいました。

えっ、何だそれって? 実は今年から参加させてもらってるバンドで、ライブに出たんですよ。私の担当はベース。唯一、かろうじて演奏できる楽器です(^^;

上の写真の左から2人目が私。

えっ、顔がわからない? いやあ、恥ずかしいのでご勘弁ください。その代わりと言っちゃあ何ですが、ICレコーダーで録音した当日の演奏を、1曲だけ紹介させてもらいます。

このリンクを右クリックして、ダウンロードしてください→ZARD「負けないで」。普通のmp3ファイルなので、たいていのパソコンで再生できるはずです。

それから、このバンドのキーボード奏者を募集中です。ご興味のある方は、プロフィールにあるメールアドレスにご連絡ください。よろしくお願いします。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

吉原手引草

日経新聞の書評欄で激賞されていたのに興味を持ち、つい最近読み終わった「吉原手引草」。7月17日に直木賞の受賞が決まりました。

他の候補作品は読んでいませんが、この「吉原手引草」は文句なくおもしろい作品です。吉原で起こったある事件を、何者か(最終章でその正体は明らかになります)が調べを進めていく。事件は花魁(おいらん)の葛城(かつらぎ)にまつわるもので、文体はすべて葛城に関わる人たちからの聞き取りの形式で進んでいきます。そして、最後にすべての謎が明らかに……。

以前、作者の松井今朝子さんが原作を書かれた、「マンガ歌舞伎入門」という文庫本を読んでいました。経歴を拝見すると、松竹で歌舞伎の企画制作に携わっておられたとのこと。江戸時代(中期~後期?)の吉原を描写するくだりは、歌舞伎のシーンを思い浮かべながら読むのも一興でしょう。

Amazonでは一時在庫切れになっていましたが、今はどうでしょうか? 出版社は大慌てで増刷の準備に取りかかっていることでしょう。うらやましい話です(苦笑)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログタイトルの変更

「駆け出し作家の独り言」というタイトルで運営してきました当ブログですが、何となくタイトルが気に入らなくなってきたので変更しました。新しいブログタイトルは、

「一冊屋作家の独り言」

一発屋にもなれなかった一冊屋。自虐的だけど、実態を的確に表現しているだけに、結構気に入っています。何となく気楽でもあります(^_^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ひさびさの水中写真

ひさしぶりに、海で写真を撮ってきました。ポイントは三浦半島の先端にある城ヶ島。

Picture37

今回はハナタツ特集。タツノオトシゴの名で親しまれている魚ですが、何やら分類が込み入っていて、城ヶ島あたりで見られるのは、ハナタツと呼ばれる種だそうです。障害物が多いため撮影には苦労したのですが、現像してみると、不思議な色彩の写真になりました。

Picture38_2 Picture39_1

続く2枚はオレンジ色の個体。左の写真は伏し目がちな様子が「色っぽい」と、ダイビング仲間からご評価をいただきました。右の写真は、逆にカッと目を見開いている様子が、こちらを威嚇しているようですね。どちらも、結構気に入っています。

それにしても、潜った日(7月1日)は水温差が大きくて参りました。水面付近は(摂氏)20度ながら、水中の一番低いところは17度。冷たい水の中では、ぶるぶる震えていました。ああっ、南国の海に行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »