« こうなったら国力総動員 | トップページ | プラチナカードのご案内 »

「キャプテン翼」の罪

W杯は2試合を終えて勝ち点1。1次リーグ突破の可能性は、限りなくゼロになりましたね。オーストラリア戦、クロアチア戦ともに、勝つチャンスのあった試合。でも勝てなかったのは、ここ一番で点を取れなかったこと。繰り返しいわれてきた、決定力不足ですね。

以前から感じていたのですが、どうして日本はMFにタレントがそろっているのに、FWがそれに見劣りするのか? 僕は勝手に「キャプテン翼」の影響だと思っています。主人公の大空翼が、小学生時代はFWをやっていたのに、中学生のときはMFに転向。彼の師・ロベルト本郷のアドバイスです。MFはゲームを組み立てる中心選手だから、という理由だったと思います(この辺の記述は、記憶のみが頼り)。

この漫画が、サッカー界に与えた影響は大きいといわれています。だからこそ、MF>FWみたいな価値観が定着して、上手な選手ほどMFを目指したのかな、なんてことを思いました。日本の決定力不足は、「キャプテン翼」にその遠因あり?(苦笑)

あ~っ、それにしても悔しい!


|

« こうなったら国力総動員 | トップページ | プラチナカードのご案内 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

だけどね、やっぱりMFは楽しいよ。ボールを触れる回数多いし、前を向くスペースもあるしね(前に張っているのは実はさびしい)。

それで、上手い子は中盤に下がっていって、そこを埋めるのは馬力のある子や足の速い子、ってなるんでしょうが、この点で日本のプレーヤーが世界レベルになるには、松井や清原クラスの素質の子がサッカーに流入しないと難しいでしょうね。
(敏捷さでいったら、アフリカ系の選手には、ちょっとかなわないでしょうから)

ちなみに、アルゼンチンでも、一番上手い子は5番のポジション(中盤の底)をやる、と聞いたことがあります。

投稿: ひさぴー | 2006年6月21日 (水) 00時01分

FWって育成も難しいんでしょうね。技術も大事だけど、性格とか闘争心も、他のプレイヤーとはひと味違うものが必要な感じですしね。

投稿: KIN | 2006年6月21日 (水) 13時36分

野球で言えば、江夏2世を育てるようなものでしょうか・・・・

投稿: ひさぴー | 2006年6月22日 (木) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63706/10588843

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャプテン翼」の罪:

» 決定力不足 [弁理士の日々]
日本代表は、なぜ得点できないのでしょうか。 1.金縛り 代表に選ばれたフォーワード5人は、いずれも現在あるいは過去にJリーグで優れたパフォーマンスを発揮し、得点を重ねてきた選手ばかりです。能力はあります。 なのになぜ、ワールドカップの舞台では能力が発揮できないのでしょうか。 ジーコは(日本語訳で)「平常心が失われている」と言っています。私が見ていても、シュートの場面では金縛りにあっているとしか思えませ�... [続きを読む]

受信: 2006年6月22日 (木) 21時12分

« こうなったら国力総動員 | トップページ | プラチナカードのご案内 »