« タイガースの井川投手と青色LED訴訟 | トップページ | 趙紫陽元総書記の死 »

アクアラインを通って

千葉県の市原市に住む友人夫妻が、昨年、待望の子宝に恵まれました。お祝いも兼ねて、久しぶりに会おうということになり、東京に住む友人と行ってきました。数年前に訪問したときは電車を利用したため、随分遠いと感じたのですが、今回は車だから楽かなと思いつつエンジンをスタートさせました。

自宅がある中野を出て、浜松町に住む別の友人をピックアップして、一路市原へ。東京湾アクアラインを渡り、館山道を走れば、拍子抜けするほど短い時間で到着。集まった4人は、すべて大学時代からの友達。久々に旧交を温めることができました。赤ちゃんは女の子。人見知りをしない子で、初めて顔を見たオヤジ2人にも、愛想を振り回していました。かわいいものです。

帰りもアクアラインを使って東京湾を横断。浜松町に到着するまで、せいぜい45分。時間の節約になるのはありがたいのですが、これを渡るために往復6000円の料金。もっと安くならないかと思うのですが、往復とも指折り数えられる程度の数しか、車が走っていません。きっと、この料金でも採算はとれていないでしょう。いくら天気が悪かったとはいえ、日曜日なのに...

それにしても、海ほたる(アクアライン上のサービスエリア)から見た東京湾、今日は荒れていました。

|

« タイガースの井川投手と青色LED訴訟 | トップページ | 趙紫陽元総書記の死 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63706/2597068

この記事へのトラックバック一覧です: アクアラインを通って:

« タイガースの井川投手と青色LED訴訟 | トップページ | 趙紫陽元総書記の死 »